酵素ドリンクでダイエットする方法

最近、美容にこだわる女性の間で話題になっている、酵素ドリンクダイエット。酵素ドリンクダイエットは、いわゆる食事置き換えダイエットの一種です。酵素は呼吸や運動などを助けてくれる働きがあります。また、わたしたちの普段の食事の消化を助けてくれる働きもしています。腸内細菌によって作られる酵素の働きを利用したダイエットが、酵素ダイエットです。酵素ダイエットの代表的な方法が、酵素ドリンクを飲むことです。消化を助けてくれる働きをする酵素を積極的に摂取することで、やせやすい体を作ることができ、結果的にダイエットへとつながるのです。酵素ドリンクを飲めば体内の新陳代謝がよくなります。体にたまっていた老廃物をスムーズに排出ことができるので、美容にもなるのがポイントです。酵素ドリンクダイエットを効果的におこなうには、いくつかの注意ポイントがあります。まずは、酵素ドリンクを飲むタイミングです。酵素ドリンクは、食事の前に飲むことが大切です。食事の前に飲むことで、満腹感を得ることができるからです。食事中や食事後に酵素ドリンクを飲むと、その効果を得ることができません。それから、酵素ドリンクダイエットは、置き換えダイエットの1つであるということも大切なポイントです。毎日の食事にカロリーの低い酵素ドリンクを加えたり、置き換えることで、摂取カロリーをおさえるダイエット方法になります。『酵素ドリンクを飲む=やせる』ではありません。食事量を、普段よりも少なくすることを意識するのが大切です。

酵素ドリンクを飲むと肌はどうなる?

酵素ドリンクのお肌への影響酵素ドリンクは主にダイエット目的で飲まれていますが、実はお肌にもいろいろな良い効果があるんですよ。例えば次のような効果があります。一つ目は、アンチエイジング効果です。酵素ドリンクに含まれる酵素には、細胞の老化を招く活性酵素の働きを抑制する働きがあります。そのため肌のシミやシワなどを防ぎます。酵素の抗酸化作用が活性酵素を攻撃し、老化物質を減少させてくれます。二つ目がお肌のくすみを無くし、肌を明るくみせてくれることです。酵素には、お肌のターンオーバーを促進させる効果があります。加齢によって通常のターンオーバーが乱れがちになると、古い角質が剥がれ落ち、新しい肌が生まれるというサイクルが正常に働かなくなります。酵素ドリンクには、このターンオーバーを正常に戻す効果があるので、お肌のトラブルやシミやくすみなどさまざまな効果をもたらします。三つ目がお肌を保湿してくれることです。酵素は、タンパク質の生成に必要な成分です。タンパク質には、ヒアルロン酸、アミノ酸のようなお肌に潤いやハリをもたらす成分が含まれており、これらの生成を助けるのが酵素です。体内の美白成分を生成させるのをサポートするのが酵素なのです。このように酵素にはお肌の保湿やハリにも良い効果があると言えます。そしてほとんどの酵素ドリンクには、多くの美肌に良い成分が配合されています。酵素ドリンクの効果はダイエットだけではありません。このようにお肌にとっても効果がたくさんあります。

酵素ドリンクはいつ飲めばいいの?

最近、雑誌でも多く取りあげられている『酵素ドリンクダイエット』。酵素ドリンクダイエットは、酵素の働きを上手に利用したダイエット方法になります。酵素は、わたしたちの普段の食事の消化を助ける働きがあります。その酵素の働きを活発にうながすために積極的に酵素を摂取していくのが、酵素ドリンクダイエットです。消化か活発になれば、基礎代謝もあがり、消費カロリーも多くなります。また、老廃物の排出もスムーズになるので美肌効果も期待することができます。酵素ドリンクダイエットは、美容にこだわる女性にピッタリのダイエット方法といえます。とても簡単で、手軽におこなうことができる酵素土リングダイエットですが、では、いつ酵素ドリンクを飲めばいいんでしょうか?ダイエット効果を高めるためには、食事の前に酵素ドリンクを飲むことをおすすめします。食事前の空腹状態のときに酵素ドリンクを飲むことで、ある程度の満腹感を得ることができます。そのため、食事の量へ減らすことができるからです。また、胃の中に食べ物が入っていない状態で酵素ドリンクを飲むことで、酵素を無駄なく体内に取り入れることが可能です。次に、酵素ドリンクは朝に飲めばいいのか、夜に飲むほうがいいのか気になりますよね。結論から言うと、おすすめは朝に飲むことです。朝は、体にとっていらないものを排出しようとする働きが活発になる時間です。この時間に酵素を補うことが、消化がさらに活発になるからです。

酵素で痩せる理由

酵素という言葉、耳にしたことはあるけどどういうものなのかご存知でしょうか?酵素とは人間が生きていくために必要なもので、消化酵素と代謝酵素の2種類があります。この二つを合わせて体内酵素と呼びます。消化酵素はその名の通り、食物を摂取した際の消化を促す酵素です。たとえば唾液に含まれるアミラーゼも消化酵素の一つです。もう一つの代謝酵素は、肌の細胞の生まれ変わりを促進したり、普通に呼吸や脳の活動の際に消費される酵素です。そしてその酵素についてですが、人間が一生で作る体内酵素の量には限りがあるそうです。年齢と共に減っていき、40代から量がガクッと減るそうです。またそれだけでなく、体内で一度に使える酵素の量が決まっているようです。これは消化酵素と代謝酵素を合わせた体内酵素の量が決まっているということです。たとえば一度に使える体内酵素が100とします。その100を、消化酵素40、代謝酵素60の割合で使う日もあれば、またある日は消化酵素70、代謝酵素30で使う日もあるということです。そして体内酵素の割合のうち代謝酵素がより多く使われると、呼吸や脳の活動、肌のターンオーバーが活発になります。つまり基礎代謝が上がるということです。基礎代謝が上がると自然に消費カロリーが上がります。そのため体内酵素をうまくコントロールすると痩せる、ということができます。また消化酵素がきちんと働くと、腸内での栄養の吸収がより簡単になって、腸内環境の向上につながります。腸内環境がよくなれば便秘などが改善されるだけでなく、腸内で必要になる消化酵素の量も少なく済むようになり、残りの分は代謝酵素の働きに回すことができます。その結果、よりカロリーを消費できるようになって痩せることへと繋がっていきます。